Isidora's Page
神林ワールドで遊ぶ

神林ワールドで勝手に遊ぶページ★戦闘妖精雪風編★

《フェアリイ空軍関連人名録》

       これは、フェアリイ空軍(以下FAFと略記)フェアリイ基地所属戦術戦闘電子偵察機シルフィード、パーソナルネーム〈雪風〉、及びそのパイロットである深井零との関わりが知られている者のリストである。姓名、性別、ジャムによる総攻撃が始まる前の時点における年齢(その時点で死亡している者についてはカッコ内に死亡時の年齢を示した)、所属あるいは職業、出身地、略歴、参照ポイントを列挙してある。配列はアルファベット順による。
 なお、このリストは、I・Aが作成した。雪風の公式資料とされるC・Kの資料のみをもとに作られているわけではいないことを明言しておく。また、身長・体重といった健康上の資料、写真から判断される外見的な資料もあるが、煩瑣になるのでここではおおむね省いた。あくまでも略歴の記述を目的としていることを理解されたい。

天田 守 Amada Mamoru M(36歳)FAF少尉。フェアリイ基地所属。整備軍団第一一〇除雪師団・第三機械除雪隊隊員。日本・埼玉県出身。川口工業高校中退。離別した恋人とその同伴者の男性に怪我を負わせ、逮捕、FAFに送られる。滑走路の雪掻き作業に従事する。肝臓あるいは胆嚢を傷めているらしく、酒をやめなければ死ぬと宣告されているが、禁酒はできず、酒に頼りながら仕事を続けていた。英雄が受章するようなマース勲章を、理由不明のまま受章することになり、精神不安定となる。作業中、近接防衛システムの一斉射撃により、死亡。1.177-204,215-8
アッシュ、イツホク Ash,Itzhak M 26歳 FAF少尉。特殊戦・クーリィ准将付き秘書官。イスラエル出身。有能だが、あまりにも合理的であるため、会社勤めに挫折してFAFに志願。秘書を天職とする、監理能力にすぐれた青年。クーリィ准将の若きツバメであるといった下品な流言にはまったく根拠がない。2.172,331
アーザード、アーマド Azad,Ahmad M 28歳 FAF中尉。特殊戦10番機ラマッスのパイロット。パキスタン出身。パキスタン空軍在籍後、FAFに志願。シルフィードのパイロットを経て特殊戦に配属。無神論者で、ムスリムの国に嫌気が差したためフェアリイにやって来たという噂にはある程度の信憑性がある。
バルーム、ダニエル Balume,Daniel M 35歳 FAF少佐。特殊戦首席軍医。ケニヤ出身。ナイロビ大学医学部卒。国立病院で外科医として活躍したが、要人に対して手術ミスを犯したため、FAFに回された。腕はいいが、アルコールが入った最初の五分間だけ、と言われている。つまりアル中なのであろう。薬品冷蔵庫にいつもビールを隠し持っている。2.19
ブラッドリイ、エドガー Bradley,Edgar M 29歳 FAF中尉。特殊戦9番機エリゴスのフライトオフィサ。イギリス・スコットランド出身。ダンディーノ総合中学卒。会社員だったが、過剰防衛による殺人でFAFに送られる。戦略偵察機パイロットを経て特殊戦に配属。
ブリューイ、ヴィンセント Bruys,Vincent M 28歳 FAF中尉。特殊戦7番機ランヴァボンのパイロット。フランス・ストラスブール出身。フランス空軍からNATO軍に出向、上官と問題を起こし、FAFに回される。犯罪者扱いではないが、その一歩手前だったという。2.136-7,373
ブッカー、ジェイムズ Bukhar,James  M 36歳 FAF少佐。特殊戦総監。イギリス出身。シェフィールドに生まれ育つ。日本人女性が自宅で開いていたカリグラフィ教室に通う。18歳の時、同教室にて、後に妻となる Anne Taylor と知りあう。当時アンは日本文化研究者を目指してシェフィールド大学日本研究センターに通っていた。ブッカーは造形作家を志し、私立の美術学校に入学。20歳でアンと結婚。21歳のときに卒業製作として作り上げた造形作品を最後に、美術の道を断念。荒んだ生活を送り、アンとの生活も破綻。22歳で傷害事件を起こして、FAFに送られる。アンとはその半年後に正式に離婚。アンは「私とジャックは似すぎている。友達のままでいるべきだった」と述懐したと言う。アンはその後も研究を続け、日本留学を経て、現在同大学日本美術文化史教授となっている。FAFでは特殊訓練を受け、ファーン、次いでシルフィードのパイロットとなり、特殊戦に配属。30代初めまで過酷な特殊戦のパイロットの任務に就いていた。その後も自ら軍役を延長して特殊戦にとどまっている。主たる任務は機体整備の指導と人員のスケジュール調整。クーリィ准将の信頼厚く、特殊戦内外の厄介な折衝に駆り出されることも多い。穏やかで真面目、実行力に富み、戦場にあってもユーモアの精神も忘れない、理想的とも言える男性像である。頬に付いた傷のせいで凄みのある顔つきからはあまり想像できないような細やかさを持ち、深井零の最も親しい友人となっている。電子機器に対する知識、技術は、ほとんど芸術家の域に達するが、電子関係の仕事に回されずにパイロットの職を得たのは、適性検査と本人の強い意向による。コンピュータはあくまで趣味であって仕事にするものではないとの若いころの意識ゆえか。あるいは趣味を仕事にしようとして挫折した苦い経験からか。今の趣味はブーメラン作りと料理であるらしい。
1.38-50,53-9,69-72,76-9,84-7,101-3,135-7,149-155,200-219,232-242,
244-5,264-276,281-293,2.19-39,46-55,59-66,74-81,91-108,19-120,
139-141,151-166,169-182,205-212,249-264,282-295,322-344,353-375
バーガディシュ、リチャード Burgadish, Richard M(26歳)FAF少尉。特殊戦旧3番機雪風のフライトオフィサ。アメリカ合衆国バーモント州出身。ハイスクール卒業後、地元の商店に事務員として勤務。横領で逮捕、FAFに送られる。戦略偵察隊を経て特殊戦配属。ジャムとの戦闘時、戦闘に不利になるため雪風によって射出された。その後ジャムの作り上げたコピー人間によって殺害される。深井零は彼の肉をチキンと思って食ってしまったらしい。雪風のフライトオフィサとしては最も短期間だった。1.60,74-8,90-4,226-231,288,295-300
チャンダル、クリシュナスワーミ Chandar, Krishnaswami M 30歳 FAF大尉。フェアリイ基地所属。特殊戦5番機アプサラスのパイロット。インド・チャンディガル出身。中学卒業後、インド空軍に志願。たたき上げの空軍兵である。優秀であったが、FAFに出向。やはり人間関係上疎まれたのではないかと推察される。
チャン・ポラック Chang Pollack M 34歳 FAF文官。人事局に所属。香港出身。ロンドン大学法学部卒。国際弁護士の資格を有する。零の出獄管理を担当。2.76-8
儲 真明 Chu Zhenming M 22歳 FAF少尉。防衛空軍バンシー4所属。シルフィードのフライトオフィサ。中国山東省出身。高級中学卒業後、FAFに志願。戦闘を終えてバンシー4に帰還途中、バンシー自身に襲われ脱出。1.141-6
コベット、ジョゼフ Cobbett,Joseph M 30歳 FAF中尉。特殊戦4番機ズークのフライトオフィサ。アメリカ合衆国ロード・アイランド州出身。航空単科大学卒。民間の輸送機会社に就職。傷害事件を起こし、FAFに送られる。補給センターを経て特殊戦に配属。
クーリィ、リディア Cooley,Rydia F 49歳 FAF准将。特殊戦副司令官。アメリカ合衆国ミシガン州出身。シカゴ大学卒。金融関係で身を立て、初めに銀行で、次いで証券会社でディーラーをしていたが、人間との関わりの中で挫折感を感じ、FAFに志願。近眼のために眼鏡を常用。ハードワークであるために白髪は目立つが、肉体を鍛えているせいか、年齢よりは確実に若く見える。皺などは意識させないほどであり、ブッカー少佐が陰で彼女のことを「しわしわ婆さん」などと呼ぶのは不当であろう。日ごろいいようにこき使われている鬱憤がそうさせるものと思われる。副司令官という肩書きだが、特殊戦の実質的な司令官である。特殊戦を育て上げたのはクーリィであり、興味のないことには冷淡な彼女の性格が特殊戦には反映している、と言われる。
1.34-6,52-3,74-5,146-9,232-3,2.28-34,46-54,152-163,169-177,250-7,
261-4,322-330,353-374
デュラン、アルフォンス Dullin,Alphonse M26歳 FAF少尉。特殊戦8番機ジルウェットのフライトオフィサ。カナダ・ケベック州出身。航空宇宙技術センター卒。FAFに志願。
エーコ、シルヴィオ Eco,Silvio M 31歳 FAF中尉。特殊戦整備班班長。イタリア・ピエモンテ州出身。トリノ工科大学卒。FAFに志願。いかにもイタリア人らしい明るい性格の持ち主で、特殊戦内ではどうしても浮いてしまう。が、整備の腕は超一流である。2.330-344
エメリー、エイヴァ Emery,Eiva F 27歳 FAF中尉。オドンネルの秘書。アメリカ合衆国コネティッカト州出身。コーネル大学卒。航空光電子機器の技士としてFAFに志願。結婚まで考えていた恋人のオドンネルが、戦闘機の機動により死亡したため、錯乱、オドンネルを自らの手で撃つことにより、人間的な死の意味を与えようとした。戦闘心理研究所で加療中。1.241-5,254-5
フォス、エディス Foss,Edith A F 26歳 FAF大尉。戦闘心理研究所所属。特殊戦に配属。アメリカ合衆国ニュージャージー州出身。UCLA医学部卒。航空精神医学マスター。大学の研究職員にはならず、FAFに志願。システム軍団技術開発センターを経て特殊戦に配属。フォスなりの研究者としての野心があったものと推察されるが、フォスが特殊戦に来てまもなく、ジャムの総攻撃が始まってしまい、研究どころではなくなってしまったのは、どこへ行っても騒動を巻き起こす彼女らしい話だ。
2.109-126,144-165,179-202,260-3,283-297,314-322,330-344,353-377
深井 零 Fukai,Rei M 29歳 FAF大尉。旧特殊戦3番機、現在特殊戦1番機・雪風のパイロット。日本・神奈川出身。東京情報処理専門学院卒業後、会社員となる。職場での人間関係がうまくいかず、会社に放火して有罪となり、FAFに送られる。一部に戦術戦闘軍団のシルフィードのパイロットを経て特殊戦配属。一度退役したが、FAFに再志願している。スレンダーでなおかつ筋肉質の体格、細面に整った目鼻立ちはクールな印象を与え、外見的にはハンサムという以外ないが、関心が自分にしか向かないという幼児的性格のため、地球での女性関係はことごとく失敗に終わったとか。特殊戦内でもエリートである彼は、ジャムとの接触を始め、きわめて特異な体験をさまざまにしている。
ガラント、イザベル Gallant,Isabel F 28歳 FAF中尉。特殊戦8番機ジルウェットのパイロット。アメリカ合衆国ミズーリ州出身。ハイスクール卒業後、地元で就職。暴行未遂犯を射殺、過剰防衛を問われるが、無罪。後にFAFに志願。戦術戦闘軍団のファーンのパイロットを経て特殊戦配属。
ガーゴイル、ジョン Gargoyle,John M 29歳 FAF大尉。TAB15基地所属。戦術戦闘軍団五〇五攻撃部隊員。ギャビン・メイルの次の五〇五部隊のチームリーダー。アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身。強盗罪でFAFに送られる。2.305
ゴート、チャールズ Gort,Charls M 41歳 FAF中尉。TAB15基地所属整備班班長。アメリカ合衆国オハイオ州出身。コロンバス航空整備学校卒。民間の小規模航空輸送会社に勤務。倒産によりFAFに志願。2.303
グレイ、セシル Gray,Cecile F 28歳 FAF中尉。特殊戦9番機エリゴスのパイロット。アイルランド・ベルファスト出身。宗教的対立に端を発する暴動により家族を殺害され、報復行為に出たため逮捕、FAFに送られる。ファーンのパイロットを経て特殊戦に配属。パイロットとしての技術は優秀だが、利己的であるうえに思考回路が一風変わっており、なるべく接触を持ちたくないような変人。
グノー、カール Gunow,Karl M 35歳 FAF大佐。システム軍団技術開発センター所属。ドイツ連邦ビュルツブルグ出身。アーヘン工科大学卒。グッゲンハイム航空研究所に学んだ後、FAFに志願。制空戦闘には無人機の方がすぐれているという思想に基づく遠隔操縦機(RPV)開発チームのリーダー。戦闘技術テスト飛行として雪風との対戦を希望し、後には自らRPVフリップ・ナイトの母機に乗り込み、戦死。J・ブッカーによれば「技術屋よりセールスマンが似合う」ほど口のうまい男で、たいそうな自信家だった。4.66-7,82-83
アレヴィ、ジュール Halevy Jules M 31歳 FAF中尉。フェアリイ基地所属。戦闘心理研究所研究員。フランス・パリ出身。ソルボンヌ大学医学部卒。認知心理学ドクター。大学病院を経てFAFに志願。戦術心理学の立場から、戦士の心理分析を専門とする。零も分析の対象者として協力したことがある。1.134
林部 智満子 Hayashibe Chimako F 23歳 FAF少尉。医療局。フェアリイ基地所属看護婦。日本・新潟出身。長岡看護福祉専門学校卒。FAFに志願。1.33-4
ヘイザー、アルフレッド Hazer,Alfred M 38歳 FAF中佐。フェアリイ基地所属。整備軍団除雪師団所属。アメリカ合衆国イリノイ州出身。詐欺罪により逮捕、FAFに送られる。退役後、再志願。雪掻き軍団の目付け役。1.194
エランス、ピエール Hellens,Pierre M 24歳 FAF中尉。情報軍オーストラリア地区所属。ベルギー出身。ベルギー陸軍特別偵察隊錬成兵だったが、情報軍にスカウトされた。2.91-2
ヒューズ、ノーマン Hughes,Norman M(27歳)FAF少尉。特殊戦旧3番機雪風のフライトオフィサ。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。恐喝により逮捕、FAFに送られる。輸送隊、シルフィードのフライトオフィサを経て特殊戦に配属。ジャムが初めてシルフィードのコピーを出してきた戦闘に遭遇。雪風が飛行不能になったと判断して座席を射出、パラシュートが樹に引っ掛かったところをフェアリイ星の恐竜に襲われて死亡。1.21-6
伊田 宏一 Ida Koichi M 44歳 FAF大佐。TAB15基地司令。日本・山梨出身。日本航空学園卒。日本空軍に在籍していたが、FAFに志願。2.301-4
ジャクスン、リン Jackson, Lynn Mavis F 38歳 国際ジャーナリスト。アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身。ワシントン大学卒。新聞記者を経てフリーとなる。異星体ジャムの侵攻とそれに対する地球軍の戦いを描いたドキュメンタリー『ジ・インベーダー』によって一躍名を馳せる。ほかの主要な著作に『世界の紛争地域を歩く』『難民キャンプの生と死』など。ブッカー少佐と文通をしているほか、零とも面識がある。現在、『ジ・インベーダー』の続篇を執筆中。1.9-14,259-277,2.7-16,82-5,91-3
カーン、ヘルマン Kahn,Herman M 29歳 FAF中尉。特殊戦10番機ラマッスのフライトオフィサ。アメリカ合衆国バーモント州出身。オレゴン大学卒。設計技師だったが、傷害事件を起こしてFAFに送られる。シルフィードのフライトオフィサを経て特殊戦に配属。
カルマン、テオドール Karman,Theodore M 40歳 FAF少佐。フェアリイ基地所属。システム軍団のテストパイロット教育担当。ハンガリー出身。ブダペスト工科大学卒。製造会社勤務後、FAFに志願。ジャムのコピー人間を集めた再教育部隊の指揮官となる。2.306
桂城 彰 Katsuragi,Akira M 27歳 FAF少尉。情報軍電子戦解析部所属。日本・佐賀出身。日本航空大学卒業後、日本空軍に在籍。辞職し、FAFに志願。雪風のフライトオフィサとして特殊戦に配属される。不可知空間でジャムと接触。その結果特殊戦的な個人主義的性格が一変する。その後情報軍に戻っている。日本の地方では暮らしにくいような協調性に欠ける性格であるにもかかわらず、一応エリートコースを走ってこられたのは、そのきわめて優秀な頭脳と運動神経のためであろう。成績が良くて運動も出来れば、孤立していても何とかなるところがある。もちろん友達は出来ないし、何か問題があればやり玉に上げられるのだが。おそらく桂城はそうした状況に立ち至ることがこれまでなかったと思われる。あるいは初対面の仕事のパートナーに対して、相手の心証を省みないまま自分の都合だけを述べ立てるところを見ると、鈍感にやり過ごしてきたのかもしれない。2.173,198,205-6,217-222, 225-246,264-283, 288-295,330-343,353-364
コヴァレフスカヤ、アナスタシヤ Kovalevskaya, Anastasiya F 28歳 FAF中尉。特殊戦6番機ミンクスのパイロット。ロシア連邦モスクワ出身。職業技術学校卒。FAFに志願。前線基地でファーンのパイロットを務めたのち、特殊戦に配属。
小矢野垣 隆哉 Koyanogaki,Takaya M 20歳 FAF少尉。フェアリイ基地所属。医療センター看護士。日本・東京出身。九段高校中退。暴走行為により逮捕、FAFに送られる。2.38
コズロフ、イヴァン・イヴァノヴィッチ Kozlov, Ivan Ivanovitch M 32歳 FAF大尉。フェアリイ基地所属。特殊戦6番機ミンクスのフライトオフィサ。ロシア連邦ブラーツク出身。高等学校卒業後、空軍に徴兵される。退役後にFAFに志願。半年後に退役を控えている。2.173,372
ライトゥーム、ギブリール Laitume,Gibril M 50歳 FAF中将。フェアリイ基地所属。戦術戦闘航空団司令。エジプト出身。カイロ大学卒。エジプト空軍に奉職後、辞職してFAFに志願。祖国を離れた理由はつまびらかでないが、エジプト空軍時代に何か汚点を残しているわけではない。きわめて個人的な動機があるらしい。2.29,152-163
ジョナサン・ランコム Lancome Jonathan M(23歳)FAF少尉。TAB15基地所属。整備班員。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。ブロンクス科学高校卒業後、FAFに志願。戦術航空師団五〇五攻撃部隊パイロットだったが、ジャムとの戦闘で死亡。後にジャムのコピー人間となって戻り、雪風に射殺された。2.55-6
リンネベルグ、ハインリッヒ Linneberg, Heinrich M 52歳 FAF少将。情報軍団総括長官。ドイツ連邦ドルトムント出身。ゲッティンゲン大学法学部卒。徴兵期間中にジャムの侵攻が始まる。国連軍の予備兵に配属。退役後、大学に入学。国際法を学び、国際判事の資格を取得。国連に奉職、後にFAFに志願。監理部装備局を経て情報局に移動。以来情報軍団を育て上げてきた。2.353-365
ローラン、シドニー Loran,Sidney M 37歳 FAF大佐。フェアリイ基地広報部所属。イギリス ・カンタベリ出身。ユニバーシティ・カレッジ卒。銀行の広報部勤務を経てFAFに志願。1.99-101
マクガイア、ヘンリー MacGuire,Henry M 30歳 FAF大尉。参謀司令部所属事務官。アイルランド・ダブリン出身。スライゴー大学卒。公務員となるが、収賄の罪を問われ、FAFに送られる。1.208-210
メイル、ギャビン Mayle,Gavin M 30歳 FAF中尉。TAB15基地所属戦術航空師団五〇五攻撃部隊のチームリーダー。アメリカ合衆国ニュー・イングランド出身。ハイスクール卒。地元の商店に勤務。窃盗によりFAFに送られる。真面目な性格で、リーダーとしても優れた資質を発揮。ジャムの基地を叩くための第一次攻撃部隊として出撃。エンジンの加速不調により、自機を含めてチーム全体がジャムに撃墜される。フライト・オフィサと共に機を脱出、だが、救難隊に発見されることがないまま死亡。後にジャムのコピー人間にされた。2.39-45,55-8
マイヤー、クレメンス Meyer,Clemens M 36歳 FAF少佐。フェアリイ基地所属軍医。ドイツ連邦ニュルンベルク出身。ミュンヘン大学医学部卒。専門は脳神経外科。研究目的でFAFに志願。1.31-3
ムンク、セバスチャン Munch,Sebastian M 29歳 FAF大尉。防衛軍団。バンシー4所属。シルフィードのパイロット。ノルウェー ノールラン県出身。義務教育修了後、漁業に従事。傷害事件によりFAFに送られる。1.141-6
ミュルレ、ガレ Murulle,Galle M 31歳 FAF大尉。フェアリイ基地所属。特殊戦食堂のシェフ。フランス・ローザンヌ出身。中学校卒業後、料理の道に入る。傷害事件によりFAFに送られる。2.152-3,164-5
南雲 博 Nagumo Hiroshi M 49歳 日本海軍少将。日本・金沢出身。保安大学卒。アドミラル56艦長。国連軍として対ジャム南極地方警備の任に就いているとき、雪風を自艦に着艦させたことがある。1.264-270,276
ンムド、アリ Nmud,Ali M 32歳 FAF大尉。特殊戦フライトオフィサ。イラン・テヘラン出身。イラン空軍を経てFAFに出向。特殊戦の居心地が良かったのか、兵役期間を六年間延長。既に退役した。2.173
ノヴァコフスキ、タデウシュ Nowakowski, Tadeusz M 27歳 FAF少尉。フェアリイ基地所属。特殊戦7番機ランヴァボンのフライトオフィサ。ポーランド・クラクフ出身。職業高校卒。事務職員を経てFAFに志願。フェアリイ基地司令本部オペレータを務めた後特殊戦に配属。
オドンネル、ヒュー O'donnell,Hugh M(29歳)FAF大尉。戦術空軍・戦術開発軍団・実験航空師団所属テストパイロット。アメリカ合衆国オクラホマ州出身。合衆国空軍学校卒。アメリカ空軍テストパイロットを経てFAFに志願。気さくで陽気な人柄で、エメリーとの結婚を考えていた。戦技フライト訓練中にジャムの攻撃を受け、戦闘機ファーン2と雪風の、有人飛行を考慮に入れない無理な機動により死亡。1.239-255
オストルフスキー、ニコライ・アレクサンダー Ostrovskij,Nikolaij Aleksandr M 31歳 FAF中尉。戦術空軍・戦術戦闘飛行隊六六六部隊チームリーダー。ウクライナ共和国オデッサ出身。ウクライナ空軍より出向。1.16-20
オットー、ルドルフ Otto,Rudolf M 27歳 FAF中尉。フェアリイ基地所属。特殊戦4番機ズークのパイロット。ドイツ連邦バイエルン出身。義務教育終了後、空軍に徴兵。作戦命令無視、さらに上官に対する傷害行為に及び、FAFに送られる。ファーンのパイロットを経て特殊戦配属。
ピボット、ハロルド Pivot,Harold M 33歳 FAF大尉。特殊戦情報分析担当。イギリス ロンドン出身。ブラッドフォード大学卒。証券界に入るが、インサイダー取引の罪を問われ、職を失う。後にFAFに志願。2.333-344
ポルガー、フリードリッヒ Polgar,Freidrich M 29歳 FAF中尉。フェアリイ基地所属。特殊戦2番機カーミラのフライトオフィサ。ドイツ連邦ザクセン出身。ドレスデン工科大学在学中に徴兵に応じ、徴兵終了後、そのままFAFに志願。前線基地管制官、シルフィードのフライトオフィサを経て特殊戦配属。
プッツァー、ヴィットリーニ Puzza,Vittorini M 29歳 FAF少尉。特殊戦11番機ガッターレのパイロット。イタリア・ロンバルディア州出身。窃盗により逮捕、FAFに送られる。前線基地のファーン、シルヴァン基地のシルフィードのパイロットを経て特殊戦に配属。2.370
クェンタール、ヒカラチア Quental,Hikalatia F 22歳 FAF少尉。フェアリイ基地所属。特殊戦オペレータ。ブラジル・リオ・デ・ジャネイロ出身。コンピュータ・ネット犯罪により逮捕、FAFに送られる。1.154-5,214
ライムント、マックス Raimund,Max M 44歳 FAF大佐。監理部保安局所属。予審判事。オーストリア・ザルツブルグ出身。ザルツブルグ大学法学部卒。国連よりFAFに出向。1.34-5,52-3
ランダー、アンディ・デイヴィッド Rander Andy David M 39歳 フリー・コラムニスト、軍事評論家、ロビイスト、作家。アメリカ合衆国サウスカロライナ州出身。右翼的な記事やドキュメンタリイを書くことでその名を知られる男。著書に『アメリカの軍備を見る』『大統領執務室』など。頭の回転は早いが、知性的とは言い難い彼は、あふれる体力を自信の源とし、男らしさを金科玉条とする。本来は金髪碧眼だが、髪は黒く染めている。挫折を知らない白人男性にありがちな傲慢さを有しているが、鼻持ちならないというほどでもない。私的な立場でフェアリイ基地を訪問し、雪風に搭乗するという得難い体験をする。雪風はそのフライトで予想外の不可知空間に侵入、ランダーはその際に左手首を失った。1.99-135
リシュリュー、ジャン Richelieu,Jean M 27歳 FAF少尉。フェアリイ基地所属。特殊戦11番機ガッターレのフライトオフィサ。フランス・パリ出身。職業高校卒。会社事務員時代に機密漏洩により起訴される。再就職の道を閉ざされ、FAFに志願。
ロンバート、アンセル Romberd,Ansel M 40歳 FAF大佐。情報軍解析部司令。イギリス・ロンドン出身。由緒ある家柄の出身。ケンブリッジ大学経済学部部卒。銀行の運用部に勤務。後にFAFに志願。きわめて優秀な頭脳の持ち主だが、それは脳の器質に問題があるためらしい。自分の興味のあること以外にはきわめて冷淡な性格、というフォスの分析結果があるが、これはそのまま特殊戦的な性格でもあろう。ジャムとの取引に応じ、フェアリイ基地を重大な危機的状況に陥れた。2.152-163,346-353
サミア、ジョージ Samia,George M 30歳 FAF大尉。特殊戦旧13番機パイロット。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。強盗で逮捕、FAFに送られる。雪風の機動により頸の骨を折って死亡。13番機はその後無人機のレイフとなった。1.320-2,2.20
サシュリン、ウォルター Sashlin,Walter M 29歳 FAF大尉。特殊戦12番機オニキスのパイロット。カナダ・アルバータ州出身。クリー・インディアン。インディアンとしての真名は不明。居留地での生活に耐えられず、FAFに志願。ファーンのパイロットを経て早い時期に特殊戦に配属され、長くスーパー・シルフのパイロットを務める。2.370
シェーナー、ロバート Shaner,Robert M 54歳 FAF大将。戦術空軍司令官。アメリカ合衆国ミズーリ州出身。合衆国空軍大学卒。アメリカ空軍に職業軍人として入り、ジャムとは合衆国の空軍兵として戦った。その後、アメリカ空軍を辞職、FAFに志願。1.85
スノウ、パメラ Snow,Pamera F 25歳 FAF少尉。特殊戦12番機カーミラのフライトオフィサ。イギリス・サウスエンド出身。ロンドン電子技術専門学校卒。会社勤務を経てFAFに志願。ゲーム感覚でFAFに来たと言われるような人物の一人。
杉山 勲 Sugiyama Isao M 54歳 日本空軍参謀長。日本鹿児島県出身。日本保安大学卒。空軍のエリートコースを地道に歩んできた人物。FAFの視察に訪れたことがある。1.56-7
唐 応徳 Tang Wengde M 27歳 FAF中尉。フェアリイ基地所属。特殊戦3番機春 燕のパイロット。中国吉林省出身。小学校卒業後、農場労働者となる。後にFAFに志願。ファーンのパイロットを経て特殊戦配属。2.373
トマホーク・ジョン Tomahawk John(Thetholich) M(28歳)FAF大尉。システム軍団技術開発センター所属。カナダ・イエローナイフ出身。純粋のドグリブ族。黒い長髪、鷹のような眼、こけた頬の、戦士を思わせる青年だが、物腰は柔らかい。トマホーク・ジョンというのは通り名で、インディアン名があるが、日本語、英語、フランス語では発音できない。上の表記は近似的なもの。10歳まで祖父にブッシュ・スキルを仕込まれるが、通っていた小学校で、次第に電子関係の天才的才能を発揮し始め、居留地を離れることになる。プリンストン大学の奨学生となり、航空電子工学を学ぶ。卒業後、FAFに志願。雪風の高速射撃管制装置、警戒レーダー・システムの基礎理論部分に関与。心臓に先天的器質欠陥があり、手術代が賄えないため、最新の技術――プルトニウム燃料で動く人工心臓――の実験台となる。最初は自分の部族からの離脱、次に人工心臓の獲得(サイボーグ化)という事態に遭遇し、人間としてのアイデンティティ確立という部分に、深く傷を負っていると思われる。バンシー4調査に赴き、ジャムに心臓を襲われ、死亡。1.154-172
ウンガレッティ、ジェルソミーナ Ungaretti, Gelsomina F 33歳 イタリア FAF少佐。装備局員。ローマ出身。高校卒業後、会社事務員となる。窃盗罪で逮捕、FAFに送られる。軍役を延長してFAFに在籍。栗色のショート・カットに茶色の瞳、少女めいた中に芯の強さを感じさせる顔立ちだが、クーリィ准将と似ているかどうかについてはノー・コメント。零と交渉があったとのもっぱらの噂である。1.41
ベネット、レジナ Venetto,Regina F 25歳 イタリア FAF少尉。特殊戦5番機アプサラスのフライトオフィサ。シチリア地方出身。情報工学専門学校卒業後、FAFに志願。
王 輝華 Wang,Guihua F 28歳 中国 FAF中尉。フェアリイ基地所属。特殊戦3番機春 燕のフライトオフィサ。江西省出身。上海大学卒。FAFに中国人は多いが、たいていは中学も卒業していない低学歴者で、ほとんど出稼ぎ気分でやって来る。王は珍しく高学歴だが、就職先として割り振られたのがFAFだったということは、いくら就職難の中国とは言え、学生時代に何か問題行動があったのでは、と見られている。2.373
蕭 誠龍 Xiao Chenglong M(30歳)FAF中尉。TAB15基地所属。ファーンのパイロット。戦術戦闘飛行隊四〇二のリーダー。中国浙江省出身。小学校卒業後、漁業労働者となる。その後、FAFに志願。ジャムとの戦闘で死亡。1.223-8
矢頭 元 Yagashira Hajime M(26歳)FAF少尉。TAB15基地所属。シルフィードのパイロット。日本東京出身。多摩高校卒業後、会社勤務を経てFAFに志願。典型的な自己中心型性格ゆえ、どこでも円滑な人間関係を築けたためしがない。ただしパイロットの腕は一流。基地のエースパイロットだったが、ジャムとの戦闘で死亡。ジャムによってコピー人間とされてしまう。特殊戦旧13番機のパイロットとして引き抜かれるが、その時点では既にジャム人間となっていたと思われる。2.27,39,54-5,63-6
ズボルフスキー、ミハイル Zuborvskij,Mikhail M 27歳 FAF中尉。特殊戦2番機カーミラのパイロット。ウクライナ共和国オデッサ出身。中学卒業後、工場労働者となる。傷害事件を起こし、FAFに送られる。2.369,373

*『戦闘妖精雪風』『グッドラック』に基づいて作られています。近年の作品は考慮されておりません!(末尾の1.は『戦闘妖精雪風』、2.は『グッドラック』、共に最も古い刊行書に拠ります。)